痛み/悩み別の事例

頭痛・耳鳴り・めまい

60代 女性
主訴は「起き上がるときにふらっとするめまい」

今回はめまいがするとのことで、近くの外科にかかり、原因は首からではないか?と言われお薬を頂いたそうです。
そこのお医者さんに「首は強く揉んだりしてはダメ」とアドバイスをうけ、それならいつものマッサージより私共の所が良いだろうとのことでお越し下さいました。

骨盤・脊柱を調整し、首を触ると見事に頸椎2番辺りに小豆くらいの揉みごりが出来ています。
首ににそれだけのコリがあると頭痛やめまいなどが起きる筋肉にも影響がある可能性があります。

頸椎・頭蓋骨を調整し立って頂き確認します。
「今立ち上がるときにめまいはしましたか?」
「全くないです」
とのことで終了しました。
さらに詳しくはこちらから

腰痛

40代 男性

以前当店へお越し頂きましたが、相変わらず腰痛と戦う日々で、数週間前にどうしても痛くなり、近くのリラクゼーションへ行かれたそうです。
でも良くなることもなく、むしろ少し悪くなったくらいとのことで、少し遠いですがまたまた当店へお越し下さいました。

お体をみると、骨盤の固さもありますが、腰椎5番がお腹の方へ引っ込んでいます。
以前はこんな状態ではなかったような…
痛む場所は骨盤と腰椎の間あたりだそうです。
また前屈すると脚がつっぱり腰がいたむとのこと。
背中や首はむくんでいて、疲れが取れていないかムダな力でギュウギュウ押されたかという状態です。
さらに詳しくはこちらから

骨盤の歪み

60代 女性

枯葉に足を取られて、すべってしまいかなりの衝撃で尻もちをついてしまったそうです。
しかも2回も。

その時は痛みはあるものの、歩くことは問題なかったとのことで無事に帰ってこられたようです。
それから少し経って「もしかしたら体が歪んでいるかも?」と心配になり私共の所へお越しになりました。
ご家族からは「外科に行った方が良い」とアドバイスを受けたそうですが、ご本人は「(骨折してないなら)外科に行ってもねぇ…」と仰って下さいます。

でも「疑わしきはまず、病院へお願い致します」
そこで骨折などなければお出で頂いて構いません。
骨折していても普通に動けるのであれば、お出で頂いて構いません。
痛みの改善のお手伝いは出来ると思います。
さらに詳しくはこちらから

太ももの痛み

60代 女性

右の太もも前の外側辺りからすねの外側にまで痛み。
歩いていると痛みが出るのでたまに休んで太ももをさすってからまた歩いているという状態です。

歩くと痛む・休むと治まるということで、病院でレントゲンを撮ったそうです。
その時はとくに何も言われなかったようですが、ご本人は「脊柱管狭窄症」と思い狭窄症に良いと思われる体操をしようとしたそうですが、脚の痛みで出来なかったと仰います。
近所の整骨院にて電気治療を受けたそうですが、痛みが改善しないのと「こんなのでよくなるのか?」と疑問に思ったらしく、ご紹介で私共の所へお越し下さいました。

お体みると痛む脚の骨盤が下がっており、すねの外側がガチガチで、さらに捻挫の後もありました。
さらに詳しくはこちらから

体がだるい

40代 女性

春になりもうすぐ初夏ですが「やる気が出ない」や「だるい感じ」になったりしていませんか?

そこで、施術にてお手伝いさせて頂きます。

年度末で忙しかったようで、ぎっくり腰にもなりかけていました。
背骨・骨盤などを調整し、頭蓋骨もしっかり調整させて頂きました。

すると
さらに詳しくはこちらから

打撲・すり傷の痛み

10代 男性

部活動で両すねを打撲しさらに出血までしたとのこと。
来店するなり「痛い」と歩き方がいつもと違います。
病院でレントゲンや傷の処置はされたそうですが痛みがあり、施術でどこまで痛みが改善出来るかがんばってみます。

すねを打ってまだ2日ですが、痛みがあるのでお母様に

「今日、インプルーブ行こう」と言ってくれてたそうです。

うつ伏せで左の骨盤が下がっているのを調整し腰椎を調整、仰向けで特に痛む右側を触り、大転子あたりを抑えます。
が、とくに痛みは変わらず。
それならと、左の肋骨のへこみを抑えて、すねを触ると
さらに詳しくはこちらから

突き指・捻挫の痛み

10代 男性

バレーボールをしていて右手親指の付け根を突き指。
一日経っても痛いとのことで、来店されました。

見ると親指の付け根辺りが腫れて痛そうです。
そこでいつものオステオパシー誇張法で施術。
背骨を下から順番に緩めて行くと、背中の真ん中辺りで「あんまり痛くなくなった」と言います。
仰向けで首と骨盤、肩、肘、手首、指を調整するとだいぶ腫れが引いて痛みも少し残るまで改善しました。
さらに詳しくはこちらから

ムチウチの痛み

30代 男性

仕事の事故により吹き飛ばされ全身を強打し腰椎骨折で数か月歩けなかったそうです。
そのあと落石を頭に受けて首もムチウチ状態で、頭痛がするので診て欲しいとのことでみえられました。

主訴は頭痛・肩こり・腰痛・股関節痛・膝痛などです。

座位でのオステオパシー誇張法で施術をさせて頂くと、骨折箇所が硬く右にずれています。
すると、急に背中を丸め落ち着かない様子。
「ソフトな施術だから刺激がないのが嫌なのか?」と思っていたら、全くの真逆で「内臓から汗が出そうな位熱い感じがする」と仰って、背中が汗でびっしょりです。
「今まで色々施術は受けてきたがこんなことは初めて」と、座っているのがつらいとのこと。
そこでうつ伏せで寝てもらって、緩めていきます。
自律神経に関わる蝶形骨の調整に時間をかけて、約2時間かけて施術して終わりました。
さらに詳しくはこちらから

歪みを整えて痛みを改善・予防しませんか?ご相談はこちらから